誰でも簡単に審査を通過できるクレジットカードがある?その選び方とは?

↓早速審査に通りやすいカードの正体を見る↓

 

クレジットカードの利用

クレジットカードを利用するには、カード会社の審査を通過しなければいけないということはご存知でしょうか。

 

クレジットカードというのは、あくまでカード会社が支払いを立て替えるためのシステムです。つまり、一種の借金をしていることになるわけです。

 

ですから、カード会社にしてみれば、利用者が本当に返済をしてくれるかどうか、といった点がとても重要になってくるわけです。そこで審査基準となるのが、利用者に「安定した収入」があるかどうか、ということです。

 

サラリーマンであれば、ほぼ問題なくこれをクリアすることができるのですが、問題は自営業や自由業などの収入が安定していない方や、主婦や学生など収入の少ない方です。このような人たちのなかには、実際にその点が気になって、なかなか申し込むことさえできないという方も多いようです。

 

たしかに、プラチナカードなどは審査基準もとても厳しくなるので、審査に通過することもなかなか難しくなるでしょう。その一方で、一般的なクレジットカードのなかには、かなり審査基準が甘いものも少なくありません

 

そのようなカードを選んで申し込めば、パートやアルバイトの方であっても、けっしてクレジットカードを持つことは不可能ではないのです。

 

審査に通りやすいクレジットカードを見る

 

まずは申し込み基準をチェックしよう

クレジットカードには、審査基準とは別に、申し込みの段階で一定の基準が設けられています。だいたいどの会社でも、年齢が18歳以上の収入が安定している方、となっていると思います。審査が甘いかどうかを見分けるには、それに加えて主婦や学生について、どのような説明があるかをチェックすることです。

 

たとえば、主婦でも申し込み可能と記されていたとしても、配偶者に安定した収入があること、という条件が付いている場合もあります。また、いっさい収入のない専業主婦は、基本的に認められていないケースが多くなります。

 

学生の場合は、18歳以上であっても高校生は除く、という条件もよく見られます。さらに、未成年者は親権者の同意が必要であったり、親の収入が重視されることも多くなります。

 

その一方で、会社によっては「安定した収入」という条件を明記していない場合もあります。このように、申し込み基準を見ていくことで、ある程度その会社の審査基準についても推測ができるわけです。

 

カード会社の分類に注目しよう

クレジットカードは、発行している会社の種類によって、銀行系や信販系、流通系というふうに分けることができます。銀行系は特に審査が厳しくなりますが、それに対してより審査が甘いとされているのが、流通系のクレジットカードです。

 

流通系というのは、デパートやスーパー、コンビニ、専門店などのことを指していて、具体的には「イオンカード」や「セゾンカード」、「セブンカード」、「ローソンpontaカード」、そしてIT系の「楽天カード」などが挙げられます。

 

このようなカードを発行しているのは、もともと店舗で多くの消費者を相手に営業を行っている会社ばかりです。そのため、クレジットカードも主婦や若い人など、幅広い層をターゲットとしていて、あまり審査を厳しくすることに意味がないのです。

 

同じような理由で、店舗や街頭、あるいはテレビCMでさかんに勧誘を行っているクレジットカードは、基本的に審査が甘くなると考えてよいでしょう。

もっとも審査が甘いのは消費者金融系

消費者金融系のクレジットカードがおすすめ

流通系のクレジットカードでも審査を通過することができなかったという人におすすめなのが、消費者金融系唯一となるアコムのACマスターカードです。

 

こちらは基準が甘いだけではなく、消費者金融ならではのノウハウが活かされた、とてもスピーディーな審査が行われます。

 

結果が知らされるまではわずか30分程度で、その日のうちに自動契約機の「むじんくん」でカードを発行することもできます。

 

アコムというと、どうしても消費者金融のイメージが強いのでた、抵抗がある方もいるかもしれませんが、カード自体にはアコムのロゴなどはいっさい入っていないので、見た目はほとんどマスターカードと変わりません。

 

また、利用明細が自宅に郵送されないなど、プライバシーにも最大限に配慮したシステムが取られています。マスターカード加盟店であれば、世界中でショッピングをすることができるのも便利です。

 

利用限度額は、利用者の条件によって変わってきますが、最高で300万円まで、手数料率/実質年率は10.0〜14.6%となっています。基本的に、年収が低いほど利用限度額は低く、年率は高くなると考えてください。

 

さらに、ショッピングにプラスしてキャッシングの機能をつけることもでき、その場合は利用限度額は合わせて500万円まで。海外でも「Cirrus」のマークさえあれば、ATMから簡単にキャッシングをすることができるようになります。もちろん、年会費は無料です。

 

 

とにかく、収入のない主婦や学生までとても幅広く利用できるので、最初からほかのクレジットカードでは不安だという人も、ぜひためしてみてください。基本情報を入力するだけで審査結果の目安を知ることができる、「3秒診断」のサービスも用意されています。

 

ただし、ポイントサービスや保険はなく、ETCや家族カードも発行されないので、その点だけは気をつけてください。

 

クレジットカードの審査は「信用」が何より大切

このように、主婦や学生でも問題なくクレジットカードを発行できる、審査の甘いクレジットカードはけっこうあるものです。とはいえ、やはり最低限のことは守っていないと審査で落とされることもあるので、気をつけるようにしてください。

 

「クレジット」は英語で「信用」という意味です。そこからも分かるように、何より大切なのはカード会社から信用を得ることです。そのためには、申し込みのさいに絶対に嘘をつかないようにしてください。

 

たとえ、年収や職業などをごまかそうとしても、かならずカード会社には分かることなので、とにかく正直な情報を申告することが大切です。もしも、まったく収入がないのであれば、まずはアルバイトやパートで働いてみてから申し込むとよいでしょう。

 

ほかに、少しでも審査に通りやすくなるために、同居している家族の収入を申告しておくこともプラスポイントになります。

クレジットカードの審査は信用調査に注意!そこさえクリアすれば誰でもカードが持てる!

クレジットカードは、希望さえすれば誰でも使えるようになるわけではありません。まずはカード会社に申し込みを行って、そのうえで審査を通過しなければいけません。

 

審査の内容はカード会社によってさまざまですが、チェックポイントとなる項目は、基本的にどこも変わりません。ただし、どれだけの基準を満たせばよいのか、というハードルの高さは各社によって大きく変わってくるので、まったく同じ申し込み内容であっても、会社によっては認められたり断られたりしてしまうことがあるわけです。

 

では、その基準はいったいどのようにして決められているのでしょうか。このことをあらかじめ知っておけば、わざわざ申し込んだのに審査に落ちてがっかりする、といったことも少なくなるはずです。

 

まずは個人情報のチェックから

クレジットカードの審査は個人情報のチェックから

そもそも、カード会社は何のためにクレジットカードの審査を行うのでしょうか。

 

あまり意識していないかもしれませんが、クレジットカードを利用するということは、カード会社に支払いを立て替えてもらう形になるので、実際には借金をしていることと変わりません。

 

つまり、カード会社としてはお金を貸す以上、利用者が本当に信用できるかどうか、返済能力をしっかり持っているのかどうかを確かめる必要があるわけです。

 

そこで審査の対象となるのが、利用者の「個人情報」と「信用情報」です。個人情報というのは、申し込みのさいに記入する基本データのことで、氏名、年齢、住所、職業、年収、などです。

 

安定した収入のある方であれば、ここでそれほど問題になるポイントはありません。申し込みの段階で、主婦や学生でもOKとなっていれば、アルバイトやパートであってもかまいません。もちろん、収入が多かったり、勤続年数が長ければ長いほど、利用限度額などの面でもより有利になります。

 

ほかにも、勤務先が一流企業や公的機関、さらに持ち家で住んでいる期間が長い、固定電話を使用している、などがプラスポイントとなります。逆に、住所や電話番号がはっきりしていないと、審査に通過することがかなり難しくなってしまうので気をつけてください。

 

このような個人情報をすべて点数化して、コンピューターで自動的に判定していくのが審査の第一段階となります。

 

過去の支払い状況も調べられる

個人情報を前提として、さらに厳しくチェックされることになるのが信用情報です。これは、クレジットカードをはじめとして、住宅ローンやキャッシングなど、さまざまな金融機関を、利用者がこれまでどのように利用してきたかというデータのことです。

 

クレジットヒストリーや、略してクレヒスなどともいわれます。じつは、私たちのこのような利用歴については、各会社がつねに記録を行って、個人信用情報機関というところですべて管理しているのです。

 

これさえチェックすれば、利用者がこの2年間、ほかの会社とどのような契約を行ってきたのか、またどのような支払いを行って、どれくらいの残高があるのか、というデータを簡単に把握することができてしまいます。

 

もちろん、普通に利用していれば何も問題はないのですが、あまりに支払いに遅れがあったりすると、それらは「事故情報」として記録され、審査のさいに大きなマイナスポイントとなってしまうのです。

 

目安としては、支払い期限日から61日以上、あるいは3ヶ月分以上の延滞からとされています。これが、いわゆる「ブラックリスト入り」という状態です。

 

自己破産などの債務整理を行った場合も、これにあたります。いったんブラックリスト入りしてしまうと、5年くらいはその記録が登録されたままになるので、それがネックとなって、クレジットカードの発行はほぼ不可能となってしまいます。

 

特に、携帯電話の分割払いもローンも対象となることは意外と落とし穴なので、気をつけてください。ほかにも、利用残高が多かったり、他社にいくつも同時に申し込みをしていることも大きなマイナスポイントとなります。

 

クレジットカードは収入さえあれば誰でも持つことができる

ここまで見てきたような基準に問題がないようであれば、審査が甘いとされるクレジットカードなら、基本的に誰でも審査を通過することができるはずです。もちろん「安定した収入」があることが前提なのは忘れないでください。

 

もしも、無職の方でクレジットカードが必要だという人は、パートやアルバイトでもよいので、とにかく働きはじめてから申し込みをするようにしましょう。また、審査基準が甘いクレジットカードであればあるほど、金利や手数料は高くなる傾向があるので、その点にも気をつけるようにしてください。

誰でも審査にットおるクレジットカード


審査に通りやすいクレジットカードを見る