ブラックリスト入りしてしまったときの対応について

クレジットカードやローンなどで、あまり長い期間支払いを延滞していると、いわゆる「ブラックリスト入り」という状態になることがあります。

 

一度ブラックリスト入りしてしまうと、新しくクレジットカードを発行したり、ローンを組むことがとても難しくなってしまいます。では、ブラックリスト入りしたらもう二度とクレジットカードを持つことはできなくなってしまうのでしょうか?

 

ここでは、もしもブラックリスト入りしてしまった場合の対応について、紹介していきたいと思います。

 

「ブラックリスト」というものは存在しない?

そもそも、ブラックリストとはどのようなものなのでしょうか?これはあくまで比喩表現であって、実際にそのようなリストが存在するわけではありません。

 

私たちがクレジットカードやローンの契約を行うと、その利用や支払いなどの履歴は、金融機関を通して、すべて個人信用情報機関にデータとして登録されることになります。

 

この個人信用情報のうち、支払いを延滞してしまったり、あるいは支払いができなくなって債務整理を行ったものを「事故情報」といいます。この事故情報がある状態のことを、俗に「ブラックリスト入り」というわけです。

 

この事故情報は、個人信用情報機関を通じてどの金融機関もチェックすることができるので、新しくクレジットカードを作ることはとても難しくなってしまうのです。

 

支払いを延滞をしてしまったらどうすればよいのか

延滞といっても、ほんの少し支払いが遅れただけで、すぐに事故情報になるわけではありません。具体的には、個人信用情報機関のひとつであるCICの場合、返済期日から61日以上の延滞で、事故情報として記録することができるようになります。

 

事故情報は、基本的に5年間は登録されたままになるので、その間はずっとクレジットカードが作りにくくなってしまうことになります。審査の甘いクレジットカードなら、それでも通過するケースがまったくないわけではありませんが、やはり確実に作れるようにするには、5年間待って事故情報をデータから消してしまうのが一番よいでしょう。

 

ただし、事故情報が消えると、信用情報には何も記録されていない、いわゆる「スーパーホワイト」という状態になって怪しまれてしまうので、まずはできるだけ審査の甘いカード会社に申し込むようにしましょう。

 

また、事故情報にはならなくても、2ヶ月連続で支払いを延滞すると、「プチブラック」となって、クレジットカードが作りにくくなってしまうケースがあります。

 

このような場合は、信用情報は2年間分のデータしか残らないので、積極的にクレジットカードを利用して、延滞の記録を後ろへ追いやってしまうという方法もあります。
新しい記録でしっかり支払いが行われていれば、それだけでかなり印象がよくなるはずです。

 

債務整理を行ったらどうすればよいのか

債務整理が事故情報として記録されている場合は、延滞よりもさらにクレジットカードの審査に通過することは難しくなってしまいます。

 

基本的にはデータが消える5年間を待つしかないのですが、たとえば外資系のアメリカンエキスプレスのように、過去の実績より現在の状態を重視する傾向のある会社なら、返済能力に自信があれば試してみてもよいかもしれません。

 

ほかにも、消費者金融系のACマスターカードもブラックリスト入りしていながら審査に通過した例のあるクレジットカードのひとつです。

 

ただし、申し込みをして断られると、結局そのことも記録に残ってマイナスとなってしまうので、やはり5年間おとなしく待つというのが一番良い方法になると思います。

 

信用を取り戻すことが重要

いずれにしても、クレジットカードをふたたび作ることができるようになるには、延滞していた支払いを完済するか、あるいは債務整理を行っておくことが最低条件です。

 

今現在、延滞が続いていたり、債務整理の手続きを行っている場合は、クレジットカードを作ることは100%不可能だと考えてください。

 

また、債務整理時に使用していたクレジットカードは、そのことが会社側に知られた時点で強制退会となり、その後も二度と発行されることはありません。とにかく、一度失ってしまった信用を取り戻すのはとても大変なことなのです。

 

ですから、あらためてクレジットカードを作る場合にも、まずは審査基準の甘いカード会社に申し込んで、しっかり利用実績を積み重ねていくようにしましょう。そうして信用をふたたび取り戻したうえで、あらためて自分の希望するカード会社に申し込むようにしましょう。

誰でも審査にットおるクレジットカード


審査に通りやすいクレジットカードを見る