チェックカードはクレジットカードの代用になるのか

どうしてもクレジットカードの審査に通過することができず、困っているという人は、結局あきらめるしかないのでしょうか?たしかに、もっとも審査が甘いといわれているACマスターカードでも無理だった場合には、現時点でクレジットカードを持つことはほぼ不可能だと考えてよいでしょう。

 

しかし、だからといってクレジットカードを利用できないのはとても不便なことです。そこで、おすすめしたいのがチェックカードです。

 

ほとんどの方は名前も聞いたことがないようなものかもしれませんが、ここでは、その内容について詳しく説明していきたいと思います。

 

チェックカードとはいったい何なのか

チェックカードは、もともとアメリカで使われていたものでした。チェックというのは、英語で小切手のことです。

 

アメリカでは、普段の支払いにも小切手がさかんに使われていたのですが、その小切手帳をいちいち持ち運ぶのは不便だということで開発されたのが、チェックカードです。

 

つまり、クレジットカードのように後から支払いを行うのではなく、小切手のようにすぐに預金残高から引き落とされるというのが、チェックカードの特徴です。

 

借金ではないので、安定した収入のない方やブラックリスト入りしている人、また外国人であっても簡単に作ることができるわけです。

 

ここまでの説明を聞いて、デビットカードとほとんど同じようなものだと考えた方も多いのではないでしょうか。

 

ただし、デビットカードがキャッシュカードのひとつの機能であるのに対し、チェックカードはあくまでクレジットカードと同じシステムにのっとって支払いが行われるのが、大きな違いです。つまり、デビットカードが使用できないようなクレジットカード加盟店でも、チェックカードなら同じように使うことができるわけです。

 

また、ポイントサービスや割引なども利用することができるので、まったくクレジットカードを使っているのと同じような感覚で使うことができるのがメリットです。

 

韓国ではチェックカードの利用はとても一般的

現在、チェックカードがさかんに使われている国が、韓国です。韓国はクレジットカード文化がとても発達している国で、サービスも豊富なので、滞在するのであれば、ぜひ韓国のクレジットカードを発行しておきたいところです。

 

ただし、どこの国でもおなじことですが、外国人がクレジットカードを作るのは、たとえ就労ビザを持っていたとしても簡単なことではありません。そこで、外国人にも利用しやすいのが、チェックカードというわけです。

 

カードによっては外国人では発行できないものありますが、逆に外国人専用のカードを用意している銀行もあるほどです。

 

とにかく、チェックカードさえあれば基本的に韓国国内の店舗ではどこでもショッピングをすることができ、ほかにも交通機関や自販機、ネットショッピングなどにも利用でき、航空券の予約もカード番号を告げるだけで済むというように、とても便利に使うことができます。

 

発行にはクレジットカードと同じように半月以上かかることもあるので、基本的には旅行者ではなく、出張や留学などの滞在者向けのものと考えてください。

 

日本でチェックカードを利用することはできない?

それでは、肝心の日本でチェックカードを利用することはできるのでしょうか?じつは、以前は2002年にクレディセゾンが郵政事業庁と提携して、試験的に関東と東海地域で「郵貯チェックカード」を発行していたのですが、郵政民営化の影響もあって、結局2007年いっぱいでサービスは終了となってしまいました。

 

しかし、現在でもチェックカードと同じようなシステムで使えるカードが、VISAデビットカードとして多くの銀行から発行されています。デビットカードという名称にはなっていますが、VISAカードとしての機能もしっかり持っているので、ネットショッピングなどに利用することもできます。

 

VISAデビットカードには、楽天銀行やジャパンネット銀行、りそな銀行、三菱東京UFJ銀行のものなど各種ありますが、もっとも有名なのはいち早くサービスを開始した、スルガ銀行のVISAデビットカードでしょう。サービスもかなり充実していますし、インターネット上からでも気軽に発行することができるので、クレジットカードが発行できないという人にはとてもおすすめです。

 

ほかにも、JBCやMasterCardにも同じようなデビットカードがあるので、ぜひ利用してみてください。

誰でも審査にットおるクレジットカード


審査に通りやすいクレジットカードを見る