3つの個人信用情報機関それぞれの特徴

クレジットカードの審査でもっとも重要なポイントとなるのが、個人信用情報です。自分でもよく理由が分からないのに審査に落ちてしまうという人は、このデータに問題がある可能性が考えられます。

 

では、この信用情報というのは、いったいどのようなシステムによって管理されているのでしょうか。

 

ここでは、自分のデータがどのように扱われているのかをよく知っておくためにも、その登録を行っている個人信用情報機関について見ていきましょう。

 

日本の個人信用情報機関は3つある

個人信用情報には、クレジットカードやキャッシング、ローンなどの支払い状況以外にも、申込や契約の内容に関する情報もふくまれています。

 

つまり、このデータを見るだけで、ここ最近の利用者がどのように金融機関を利用しているかが、簡単に確認できるようになっているわけです。特に、返済については延滞が長引くと、債務整理と同じように事故情報としてあつかわれ、そのデータが登録されている間は基本的に新しいクレジットカードを作ることはできなくなってしまいます。

 

これが、いわゆる「ブラックリスト入り」という状態です。このような個人信用情報を集め、管理をしているのが個人信用情報機関です。

 

日本には現在、3つの個人信用情報機関があり、それぞれ加盟会社などの違いによって、「株式会社シー・アイ・シー」、「日本信用情報機構」、「全国銀行個人信用情報センター」というふうに分かれています。

 

各機関によってさまざまな特徴があるので、それぞれ見ていきましょう。

 

3つの個人信用情報機関にはどのような違いがあるのか

株式会社シー・アイ・シーはCICと略し、もともとは日本割賦協会、日本信用情報センター、全国信販協会の3つの信用情報機関が統合されたもので、1984年にクレジットカード会社の共同出資によって設立されました。その経緯からも分かるように、おもにクレジットカード会社の加盟によって運営されています。

 

現在では、ほかにも信用保証会社やリース会社、小売店、そして消費者金融や銀行まで加盟する日本最大の個人信用情報機関となっています。

 

一方、日本信用情報機構はJICCという略称で、消費者金融会社や商工ローン会社などの出資で設立された全国信用情報センター連合会が元となっています。その後、全情連に加盟できないクレジットカード会社や銀行系消費者金融のために作られたテラネット、外国資本の消費者金融会社が設立したシーシービーと統合されて、2009年に現在の形となりました。消費者金融会社の8割はこのJICCに加盟しています。

 

CICとJICCハそれぞれ独立しタ個人信用情報機関ですが、FINEという交流ネットワークで、利用者の住所や氏名、契約情報、申込情報をおたがいに参照することができます。

 

また、どちらも貸金業法や割賦販売法によって、指定情報機関となっています。

 

この2つの指定情報機関に対し、全国銀行協会が運営しているのが全国銀行個人信用情報センターで、JBAと略します。

 

こちらは、おもに銀行系クレジットカードや、銀行の住宅ローンなどの情報が登録されていましたが、2009年には三井住友カードやJCB、クレディセゾン、三菱UFJニコスなど大手カード会社が脱退しています。

 

CRINという相互交流ネットワークでCICやJICCと、事故情報なども共有していましたが、2015年1月からはそれも中止しています。

 

つまり、現在ではクレジットカードを作るうえでは、JBAはあまり関係がない機関といえるでしょう。ただし、アメリカン・エキスプレスではJBAへの照会を行っているので注意が必要です。個人信用情報のデータのあつかいにも、少しずつ違いがあります。

 

たとえば債務整理については、JICCとJBAでは自己破産と民事再生は10年間の登録ですが、CICでは自己破産だけが5年間の登録となっています。任意整理も、JICCは5年間の登録ですが、JBAには項目がありません。

 

どのクレジットカードでも支払いはきちんと行うこと

このように、基本的に現在では金融機関のほとんどがCICかJICCに加盟しているので、銀行のローン以外で延滞があると、情報共有によって、かならず審査のさいに知られてしまうことになります。

 

加盟会社が違うからといって、ウソの情報を申告すると大きなマイナスポイントとなってしまうので、気をつけましょう。

 

逆に、どのクレジットカード会社でもしっかり支払いを行っていけば、それだけで信用が高くなり、ほかのクレジットカードでも発行できる可能性が高くなるということでもあります。いずれにしても、計画的な利用を心がけるようにしましょう。

誰でも審査にットおるクレジットカード


審査に通りやすいクレジットカードを見る