債務整理から事故情報が消える期間について

借金の返済がどうしてもできなくなったときには、債務整理で負担を軽くしてもらうことができます。債務者にとってはとても助かる方法ですが、このような手続きを行うと、金融機関は個人信用情報機関に事故情報としてデータを登録することになります。

 

これを、いわゆる「ブラックリスト入り」などといいます。

 

一度ブラックリストに入ってしまうと、そのデータは個人信用情報機関を通して各金融機関に共有されるので、なかなか審査を通過することはできなくなってしまいます。

 

このような方がふたたびクレジットカードを使えるようになるには、どのような方法があるのでしょうか?

 

債務整理にはさまざまな手続きがある

債務整理といっても、その手段によって内容は大きく異なります。もっとも多く利用されるのが任意整理で、これは債権者と話し合うことで、あらためて返済方法を考えなおしてもらうという方法です。

 

これに対し、話し合いは行わず裁判所に申し立てをして行うのが、個人再生と自己破産です。

 

個人再生では住宅などの処分は必要ありませんが、自己破産はすべての財産を競売にかけられ、なおかつ一定の職業に就くことも禁じらます。その代わり、返済はすべて免除されることになります。

 

このような事故情報がどのように記録されるかは、個人信用情報機関によって変わってきます。おもにクレジットカード会社が加盟するCICでは、自己破産で5年間の登録となり、それ以外は登録されません。

 

一方、消費者金融会社が中心のJICCでは、すべて5年間の登録となっています。ただ、この2つはFINEという相互交流ネットワークのシステムを持っているので、おたがいに事故情報を参照することができます。

 

おもに銀行が加盟する全国銀行個人信用情報センターでは、任意整理の区分はなく、個人再生と自己破産がともに10年間と長めの登録となっていますが、こちらは現在CICとJICCとの交流を行っていないため、クレジットカード会社が参照することはありません。

 

ブラックリスト入りすると二度とクレジットカードは作れない?

債務整理というのは、債権者にしてみれば貸したお金が返ってこないので、とても大きな損失となります。

 

そのため、債務整理を行った利用者に対しては、「社内ブラック」という扱いで、二度とカードを発行することはありません。

 

もちろん、クレジットカードはほかにもたくさんあるので、そちらで発行をすることはできますが、先程も言ったように、各カード会社は個人信用情報機関で事故情報を共有しているので、やはり審査の時点でお断りというケースが多くなるわけです。

 

つまり、一度ブラックリスト入りしてしまった人は、基本的には事故情報が抹消されるまで待つしかないと考えてください。

 

CICとJICCでは、いずれの債務整理も登録は5年間となっているので、この期間を待つことで、ふたたびクレジットカードを作ることができるようになるわけです。

 

ただ、債権者によっては完済から5年間と計算することもあるので、返済期間の3年間と合わせると8年間も登録され続けることもあります。また、全国銀行個人信用情報センターを参照するクレジットカード会社の場合は、10年になる点にも気をつけてください。

 

判断があやふやになった場合は、信用情報の情報開示請求をして、確実に自分の目で確かめておきましょう。

 

5年以上経ってもクレジットカードを作れないことがある?

実際に5年が経って、個人信用情報から債務整理のデータが抹消されたあとになっても、なぜか審査に落ちてしまうというケースがよくあります。

 

これは、債務整理のデータが抹消されたあとは、すべての履歴が白紙に戻ることが原因で起こることです。これを「スーパーホワイト」といいますが、事故情報は消えていても、ひと目で債務整理を行ったということが分かるため、門前払いされてしまうわけです。

 

これを解消するには、とにかくローンの実績を積んでいくしかありません。

 

まずは審査の甘いクレジットカードを選ぶか、あるいは携帯電話の分割払いを利用するという手もあります。

 

審査に通らないからといってむやみに申し込むのは逆効果にしかならないので、絶対にやめましょう。

 

債務整理を行っても支払いはしっかり続けよう

ここまでの話は、すべて任意整理や個人再生などでふたたび支払いを延滞していないことが前提となっています。

 

債務整理を行ったにもかかわらず延滞をするようであれば、そのデータは残り続けるので、当然クレジットカードを発行することはできません。

 

期日通りに返済を行っていけば、支払い開始時点までさかのぼって5年間で事故情報を取り消してくれることもあるので、しっかり支払いをするようにしましょう。

誰でも審査にットおるクレジットカード


審査に通りやすいクレジットカードを見る